会社の上司や同僚に外国人がいるとき、オフィスパーティー(会食)の席でどのように外国人と食事をしながら英語で会話をしたらよいか困る人は多いです。

オフィスパーティーのイベントには、クリスマスパーティー、ウェルカムパーティー、忘年会などがあります。また、国内外での会議や研修の後の食事会の席で、色々な国籍の外国人と英語で会話をすることもあります。

そうしたとき、オフィスパーティーや会食で外国人と会話をするときに必要な英語フレーズを覚えておきましょう。さらに、外国人が興味をひきそうな会話の話題を用意しておけば、英語が苦手であっても問題ありません。

また、オフィスパーティーでの基本的なマナーを心がけることも必要です。そこで、どのような姿勢でビジネス英会話を用いて、オフィスパーティーのイベントで外国人との会話を進めていけばよいのかを解説していきます。

オフィスパーティー(会食)の目的とマナー

会社内の仲間内でのパーティーであっても、オフィスパーティー(会食)の目的と基本的なマナーは、外国人の上司や同僚との会話を楽しむためにおさえておく必要があります。

オフィスパーティーの目的

オフィスパーティーの目的は、多くの人との会話を楽しむことです。そうすることで、社内コミュニケーションが円滑になり社内の風通しがよくなることが期待されます。

私は、欧州系の船会社の日本支店に勤務してたとき、多くの会社のイベントに参加し世界中の国のスタッフと交流してきました。

私にとって、オフィスパーティーは会話を楽しむだけでなく、外国人のスタッフとのよい情報交換の場であったと実感しています。さらに、相手の国の文化を知ることができ世界が広がっていきます。写真は、私が中南米のパナマに駐在していたときのカジュアルなオフィスパーティーです。

例えば、海外と取引のある顧客が知りたい相手国のマーケット状況などを、オフィスパーティーに参加する海外からの出張者により知ることができます。それらは、営業担当の私としては顧客へ提供できる貴重な情報です。

そして、食文化、住居、働くことへ考え方の違いを話題にして会話をすることで、相手の文化や立場を理解することができます。これらの予備知識があれば、次の機会に外国人と会話をするときに大変役にたち、ビジネス英会話が向上していきます。

オフィスパーティーでのマナー

仲間内でのオフィスパーティーといっても、守らなければいけないマナーがあります。オフィスパーティーは、会社内、レストラン、ホテルで行われますが、多くの人と交流ができる「立食パーティー」が一般的です。

私の経験では、海外での研修や会議の後のパーティーへの参加は外国人が圧倒的に多いです。そうしたとき、パーティー会場で日本人グループができてしまうケースが多く見られます。

オフィスパーティーでは多くの人と交流するのが目的ですので、日本人同士が同じ場所に留まり長く話しをするのは失礼にあたります。

また、料理や飲み物よりもパーティー会場内を歩き、外国人を含め多くの人と会話をすることを心がけてください。

オフィスパーティー(会食)でのビジネス英会話

オフィスパーティーの内容によっては、社内の上司や同僚の外国人だけでなく海外からの出張者など、初対面の外国人と言葉をかわす機会が多くあります。

海外の会議や研修の後の懇談会では多くの初対面の外国人と楽しく会話をしてビジネス情報をシェアするよう心がけましょう。

オフィスパーティーの開催日が近づいてくると、外国人が勤務している会社ではパーティーへの案内が英語メールにより社員全員へ知らされます。

会食案内の英語メール

以下は、私の勤務していた外国船会社の支店で行われたクリスマスパーティーへの案内メールの具体例です。

RE: Office Christmas Party

Hello everyone

We have only a month left this year!

We are pleased to announce that our annual office Christmas party will be held as following manner.

Date: December 21 (Friday)

Time: 18:30 ~ 21:30

Location: Grand Place Hotel, Tokyo

2-1-1, Minato-ku Tokyo

Map: https://xxxxxxx

Dress code: Business casual

We hope that all of you attend the party. We will be preparing some attractions such as bingo game and Christmas song for an exciting party.

We will also invite our members overseas, Mr. Michael Johnson from USA and Mr. Erik Johansen from Norway to the party.

It would be so nice if you would be in the party with wearing Christmas colored clothes or put something small Christmas goods on your clothes.

Please let us know by December 10 whether or not you can attend the party.

Best Regards

Christmas party executive committee

Representative

Ichiro Yamada


件名: オフィス クリスマス パーティー

皆様 こんにちは

今年も残すところ一ケ月になりました!

毎年恒例のクリスマスパーティーを次の要領で行います。

日付: 12月21日(金曜日)

時間: 午後6時半 ~ 午後9時半

場所: グランド パレス 東京

東京都港区2-1-1

地図: https://xxxxxxx

服装: ビジネスカジュアル

スタッフ全員が参加されることを願っています。パーティーを盛り上げるために、ビンゴゲームやクリスマスソングなどのアトラクションを用意しています。

また、我々の海外の社員、アメリカのマイケル ジョンソンさんとノルウェーのエリック ヨハンセンさんもパーティーに招待します。

パーティーにはクリスマスカラーの衣服を着て参加されるか、小さなクリスマスグッズを衣服に着けてもらえるととても素敵でしょう。

パーティーに出席できるかどうか12月10日までにご連絡お願いします。

クリスマスパーティー実行委員会

代表

山田 一郎

オフィスパーティーのイベントは、通常は会社の総務部の主催で行われることが多いです。しかし、パーティーの規模によっては、このようにクリスマスパーティーを主催する実行委員会(Christmas party executive committee)を立てて行われることもあります。

オフィスパーティーを主催者は、分かりやすくパーティーの目的を説明し、パーティーの日付(Date)、時間(Time)、場所(Location)、地図(Map)、服装(Dress code)などの詳細を知らせてください。

  • annual 年に一度の
  • Hello everyone カジュアル(フレンドリー)な冒頭の挨拶です。「Dear staff members」 と丁寧な挨拶でもいいです。

外国人との初対面の挨拶と英語フレーズ

オフィスパーティーで初めて会った外国人と初対面の挨拶をします。相手から話しかけられることもありますが、なるべくこちらから話かけてみましょう。目があって会釈だけして無視してしまってはいけません。

以下は、外国人との初対面の挨拶のときの会話例です。営業部の山田さんはアメリカからの出張者のジョンソンさんと初対面の挨拶をします。

Mr. Yamada: Hello Mr. Johnson. My name is Ichiro Yamada. I am in the sales department. It’s nice to meet you.

山田さん: ジョンソンさん、私は山田一郎です。営業部で働いています。お会いできて嬉しいです。


Mr. Johnson: I am Michael Johnson. Just call me Michael, please. Nice to meet you too, Mr. Yamada.

ジョンソンさん: 私はマイケル ジョンソンです。マイケルと呼んでください。私もお会いできて嬉しいです。山田さん


Mr. Yamada: Thank you, Michael.  Please call me Ichiro.

山田さん: ありがとう、マイケル。私を一郎と呼んでください。

自己紹介は、相手の目を見ながら笑顔で握手をしながら挨拶してください。そして、ゆっくりはっきりと自信をもって話しましょう。

  • お会いできて嬉しいです。

It’s nice to meet you. 初対面のときのフォーマルな挨拶です。同じ意味の言い回しには以下の英語フレーズがあります。

  • It’s a pleasure to meet you.
  • I am pleased to meet you.

Mr. Johnson と、挨拶のとき相手の名前を呼ぶと、相手は自分に関心があると思い相手に安心感を与えます。このように、最初から相手に好感をもってもらうことが大切です。

また、先に話しかけられたジョンソンさんは、「Nice to meet you too. (私もお会いできて嬉しいです)」と言った後、マナーとしてMr. Yamada と相手の名前を呼びます。

もし、相手の名前が聞き取れないときは、遠慮しないで、「Could you say your name again?(お名前をもう一度伺ってもよろしいですか?)」と丁寧なフレーズで確認して下さい。

外国人がすでに会った人だった場合は、以下の英語フレーズを使えます。

  • It’s nice to see you again. また会えて嬉しいです。同じ意味で、「I’m glad to see you again」でもいいです。
  • It has been a long time. お久しぶりです。簡単に「Long time no see」でもいいです。
  • I’ve been looking forward to meeting you. お会いするのを楽しみにしていました。

これらは外国人と初対面のときの定番の英語フレーズですので覚えておきましょう。

次にオフィスパーティーにおいての外国人との会話の話題について解説していきます。あなたから話題を提供して、「この話題についてはこう答えよう」と用意していくと、自分のペースで会話を進めていけます。これが外国人と会話をするコツです。

外国人との会話で盛り上がる話題

オフィスパーティーにおいて外国人と会話をするとき、相手と共通の話題、また共感しやすい話題としては以下が考えられます。

また、英語を話すときは文法や発音は気にしないでください。流暢な英語を話すよりあなたから話題を提供して、一生懸命コミュニケーションを取ろうとする姿勢が大事です。そうすることで、相手はあなたに好感をもちその後のコミュニケーションが円滑になります。

[ビジネスの話題]

ビジネスは、同じ会社に勤務する外国人にとって共通の話題です。オフィスパーティーでは明るい話題で楽しい雰囲気で話をしましょう。

写真は、私の勤務していた外国船会社の支店の会議室で行われたオフィスパーティーですが、社内会議の後のためビジネスが話題の中心でした。

以下は、ビジネスを話題した例文です。営業部の山田さんはアメリカからの出張者のマイケル ジョンソンと初対面の挨拶の後の会話を続けます。

Mr. Yamada: How’s your business, Michael? The purpose of your business trip to Japan is to visit Japanese customers, right?

山田さん: マイケル、ビジネスの調子はどうですか?日本への出張の目的は日本の顧客を訪問することですね?


Mr. Johnson: Yes, I visited main customers in Tokyo together with sales representative of Tokyo branch. I have learnt a lot. They are happy with our service.

Thanks for your support to communicate with customers very often, Ichiro. You are always such a big help.

ジョンソンさん: はい、東京支店の営業担当者と東京の主要顧客を訪問しましたよ。いい経験をしました。彼らは、我々のサービスに満足しています。

頻繁に顧客と連絡を取り合ってもらいありがとう、一郎。本当に助かります。


Yamada: I am glad to hear that!

山田さん: それはよかったです!

このように、海外からの出張者とはビジネスが共通の話題になることが多いです。話題があなたの業務と関連する場合は、あなたにとって有益な情報を得るチャンスです。

また、勤務中はいそがしくて外国人の上司と話すチャンスがなくても、オフィスパーティーではリラックスした雰囲気で外国人の上司と気兼ねなく話すことができます。以下は、外国人上司とスタッフとの会話例です。

Stuff: I think that we should have an expatriate in Panama to support K company in near future. Because, K company is most important client for us.

スタッフ: 近い将来、K社の仕事をサポートするために駐在員をパナマにおくべきと思いますが。K社は我々にとっては最も重要なお客様です。


Manager: Maybe it’s a good idea! But, who do you think is an appropriate person?

上司: よい考えでしょうね。でも、誰が適任だと思いますか?


Stuff: I would like to stay there.

スタッフ: 私が行きたいです。

これは、私と外国人上司(ノルウェー人)との実際の会話です。このように、オフィスパーティーはあなたのポジティブな姿勢やアイデアをアピールできるビジネスチャンスでもあります。

  • 営業担当者

Sales representative と言います。Salesperson でもいいです。

  • よい経験になる

learn a lot 文字通りで「多くを学ぶ」ですが、「よい経験になる」と意味で使えます。

  • 満足する

be happy with ~ は「be satisfied with ~ (満足する)」と同じ意味ですが、be happy with ~ の方がカジュアルな言い回しで頻繁に使われます。

[天気の話題]

天気の話題は、身近な話題として誰でも気兼ねなく話ができます。山田さんはノルウェーからの出張者のエリック ヨハンセンさんと天気の話題で会話を始めます。

Mr. Yamada: It’s getting cold in Tokyo. According to the weather forecast, we have 30 % of chance of snow tomorrow. Erik, how’s the weather in Oslo in December? It’s very cold, isn’t it? Do you have a lot of snow?

山田さん: 東京は寒くなってきました。天気予報によると、明日の雪の降る確率は30%です。エリック、12月のオスロの天気はどうですか?とても寒いですね?雪は多いですか?


Mr. Johansen: Yes, it’s freezing cold in Oslo under overcast cloudy weather. We are quite familiar with cold. But we don’t have much snow in Oslo.

ジョンソンさん: はい、全天曇った空の下、オスロは凍てつく寒さです。私たちは、寒さには慣れています。しかし、オスロでは雪はあまり多く降りません。


Mr. Yamada: Really? In Tokyo, we also have a little snow, but if it would snow heavily in Tokyo, we would be in much trouble. All transportation would terribly be messed up.

山田さん: そうですか?東京も雪は少ないですが、もし、東京にたくさん雪が降れば大変ですよ。全ての交通機関が大混乱します。

このように天気の話題でもお互いに共感を得るように話を進めましょう。

  • とても寒い It’s very cold.  天気や気温の表現には「It’s ~ 」を使います。
  • 天気予報 the weather forecast
  • 雪は多いですか?

会話で「Do you have a lot of snow?(雪は多いですか?)」と「have」を使って 聞いていますが、「雪が降る」という英語表現には It ~、We have ~、There is ~ の3通りがあります。

It ~ の場合は 「It snows」のように snow を動詞として使い、We have ~ とThere is ~ の場合は、「We have snow」「There is snow」のように snow を名詞として使います。

  • 凍てつく寒さ freezing cold
  • 全天曇りの天気 overcast は空全体が曇った状況を表します。

天気に関するボキャブラリを覚えておくと、「It’s nice looking day today, isn’t it?(今日はすばらしく天気の良い日ですね。)」と気軽に話しかけることができ、外国人との会話に役立ちます。

[日本の文化習慣の違い]

日本の食文化、住居、相撲などの日本の伝統的なスポーツなどが話題になることも多いです。これらの話題により、お互いの文化や立場を理解しましょう。

写真は、私が中南米のパナマから離れるときの送別会の様子ですが、日本とパナマの食文化の違いなどが話題になり楽しい会話ができました。

山田さんは天気の話のあと、ジョンソンさんから食文化のことで質問を受けます。

Mr. Johnson: I’ve noticed that Japanese people make noise while eating noodles. Is it bad table manner?

ジョンソンさん: 気がついたのですが、日本人は麺類を食べるとき音をたてますね。テーブルマナー違反ではないですか?


Mr. Yamada: No, it isn’t. In Japan, it’s normal to make noise when you eat noodles. The air helps cool down noodles. That’s a reason why we make noise.

山田さん: いいえ、違いますね。日本では麺類を食べるとき音をたてるのは普通ですよ。空気が麺類を冷ましてくれます。それが音をたてる理由です。


Mr. Johnson: It makes sense! That’s interesting. By the way, I’ve heard that Japanese people don’t wear shoes in the house and sit on the floor.

ジョンソンさん: 確かにそうです!それは面白いですね。ところで、日本人は家では靴をはかないで床に座ると聞いていますが。


Yamada-san:  We usually don’t wear shoes in our house and sit on the floor. Because almost Japanese houses still have tatami mats.

山田さん: 私たちは通常は家では靴をはかないで床に座ります。大半の日本の家屋は畳があるからです。


Mr. Johnson: What are tatami mats?

ジョンソンさん: 畳ってなんですか?


Mr. Yamada: They are traditional straw mats. Japan is a humid country.

山田さん: それは伝統的な藁のマットです。日本は湿気の多い国ですから。

このように、日本のちょっとした文化の違いについて外国人は興味を示します。それらについて英語で答えられるように用意しておくといいです。

「最近のニュース、時事」も話題になることがあります。この場合は政治や宗教などの話題は避けてください。そして普段からニュースをチェックして、時事に関するボキャブラリを身につけておくことが必要です。

同じオフィスでは働いている外国人の同僚とは、「身近な出来事」が話題としていいです。例えば、「How will you spend Christmas eve in Tokyo?(東京でクリスマスイブはどう過ごしますか?」など、パーティーの席で気楽に話しかけてみましょう。

まとめ

外国人が多く参加するオフィスパーティーでは、日本人のグループができてしまいがちですが、誰でも分け隔てなく会話を楽しむのがパーティーのマナーです。

オフィスパーティーで初めて会う外国人には、できるだけあなたから声をかけて、笑顔で相手の目を見て挨拶をしましょう。初対面で好印象をもってもらうと今後のコミュニケーションがスムーズになります。そのとき、初対面の挨拶における定番の英語フレーズを覚えておきましょう。

オフィスパーティーでは外国人との会話を通して多くの情報を得ることを心がけましょう。また、オフィスパーティーは、あなた自身をアピールするビジネスチャンスでもあります。

さらには、事前に外国人と会話をするときの話題を用意おきましょう。そして、あなたから話題を提供して自分のペースで話を進めるのが外国人と会話を続けるコツです。

会話はピンポンゲームです。英語を上手に話すよりも、外国人はあなたから話題を提供してコミュニケーションをとろうとする姿勢に好感をもちます。このようにして、オフィスパーティーで外国人と会話をする経験を重ねることによって、あなたのビジネス英会話は確実に向上していきます。