オンライン英会話のレッスンを受講する前、私はNHKラジオやテレビ英会話講座を受講し、また通勤中に英字新聞や英語の参考本を読み、それなりに多くの英語に接してきました。

そのことにより、英語のリスニングやリーディングは向上しましたが、実際の外国人との会話では自分の言いたいことがすぐに英語で表現できないため、いつも悔しい思いをしてきました。この原因は圧倒的にスピーキング力が不足していたからだと思います。

そうしたとき、オンライン英会話を知り受講してみました。すると、今までインプットしてきた英語がスピーキングの練習により一気に活性化し、外国人との会話がスムーズにできるようになってきました。

ただ、オンライン英会話を受講して成果を出す人と伸びない人がいます。そこで、オンライン英会話で成果を出す人の特徴を4つ例あげ、私の経験を交えながら解説していきます。

オンライン英会話で圧倒的な成果を出す人の特徴

オンライン英会話で圧倒的な成果を出す人はどのような人でしょうか?

オンライン英会話を利用するとき、誰もが効率よく学習効果を高めたいと考えます。そうしたとき、オンライン英会話の利用方法によって成果に大きく差がでます。

ただ、オンライン英会話を始めてからどのくらいの期間で成果が期待できるかは、その人の基礎的な英語力や資質によって異なります。毎日オンライン英会話を継続しても少なくても3ヶ月は必要といわれています。

そこで、まずオンライン英会話で成果を出す人の特徴を理解し、その人たちの学習方法を実践してみましょう。

目的や目標が明確な人はオンライン英会話で効果を実感する

まず、英会話を学習する目的や目標が明確な人は、オンライン英会話をどのように利用したらよいか理解ができています。

例えば、外資系企業への転職を考えている人は、オンライン英会話で英語面接の練習をしたりTOEICのスピーキングテストの練習をしたりするでしょう。また、海外旅行を楽しむために英会話が必要な人は、講師にトラベルに関する語彙やフレーズの練習をリクエストして苦手な部分を改善する練習をするでしょう。

私の場合は外国と取引のある会社に勤務しており、オンライン英会話のスカイプを利用してプレゼン資料を講師と共有しながら英語プレゼンの練習をしました。そこで、オンライン英会話が本当に便利なツールであると、その効果を実感しました。

英会話を学習する目的や目標が曖昧な人は、ただ何となくレッスンを消化しているだけで、学習のモチベーションを維持してトレ-ニングを継続するのが難しくなります。「何のために英会話を学習するのですか」の質問に明確に答えられる人は、オンライン英会話で確実に成果を出す人です。

正しい英文を繰り返し音読する人は英語感覚が磨かれる

次に、英会話において語彙力は必須です。語彙を多く知っていれば単語を並べるだけでも、外国人に何とか自分の意思を伝えることができるからです。

また、外国人と問題なくコミュニケーションができる英語感覚を磨くには、文法のルールとそれにふさわしい単語を意識して英会話のトレーニングをすることが大切です。文法のルールを理解しないで例文を丸暗記して会話を始めても、いつまでも簡単な日常英会話やブロークン英語の域を出ないでしょう。

ただ、講師との会話では、文法を気にして話をする必要はありません。会話中は文法のミスを度々犯しますが、これらのミスをするたびに修正していけばいいです。そうすることで、文法ルールが自然に身に付いてきます。

そうしたとき、オンライン英会話で成果を出す人は、修正した英文を音読して英語が自然に口から出てくるまで繰り返し練習する人です。英会話はスポーツの練習と同じです。例えば、どんなに野球のバッティング理論の知識があってもホームランは打てません。

ただ、中学程度の基本的な語彙や文法の知識ない人は、オンライン英会話を受講する準備ができていない状態です。講師の言っていることが理解できないため会話が成立しません。結局、効率の悪い英会話学習となり成果は期待できません。

オンライン英会話を受ける前に基礎的な語彙と文法を学習しましょう。

オンライン英会話の予習(準備)をする人はレッスンが楽しくなる

また、オンライン英会話レッスンの予習(準備)をきっちりする人は英会話を学習する意識が高く大きな成果が期待できます。

事前にレッスンの準備をすることで、語彙や英語フレーズが記憶に残るだけでなく、会話をリードすることができるため、あなたから発言する機会も多くなり自然にスピーキング力がついてくるからです。

例えばあるとき、私は世界中で問題になっている「Climate Change(気候変動)」をレッスンのトピックとして決め、以下の会話をしました。

Learner: Today, I would like talk about climate change. What do you think of climate change these days? A record-breaking typhoon hit Tokyo region caused heavy damages.

受講者: 今日は、気候変動についてお話しをしたいと思います。最近の気候変動をどう思いますか?東京地域を襲った記録破りの台風が大きな被害をもたらしました。


Tutor:  Maybe that’s impact of global warming. A powerful typhoon would cause widespread blackout and transport disruption.

講師: たぶん、それは地球温暖化の影響でしょうね。強力な台風は広範囲の停電と交通の混乱を引き起こしますね。

私はこの会話のレッスン前の準備として、以下の語彙をチェックしました。「record-breaking typhoon(記録破りの台風)」「widespread blackout(広範囲の停電)」「transport disruption(交通の混乱)」

語彙を調べレッスンの内容を事前に知っておくことにより、講師とのコミュニケーションが活発になり楽しくレッスンを受けることができました。

このように「今日のレッスンではこのトピックで講師と話をしてみよう」と決め、レッスンの前にトピックに関する語彙と内容をチェックするといいです。

積極的な学習態度は講師とのコミュニケーションを活発にし、英会話学習のモチベーションを高めます。それはオンライン英会話の継続と成果につながります。

オンライン英会話以外に英語に接するとスピーキング力が向上する

さらに、普段から色々な方法で英語をインプット(リーディングやリスニング)している人は、オンライン英会話でスピーキング力が飛躍的にアップし成果を出す人です。

インプットした英語をすぐにアウトプット(スピーキングやライティング)することはできませんが、潜在的に使える多くの英単語や英語フレーズがあなたの頭の中に蓄積されます。

そして、何度もインプットを繰り返すことで外国人との会話でインプットした英単語やフレーズをアウトプット(使える)できるようになります。

英語をインプットする媒体はいくらでもあります。例えば、NHK WOLRD NEWSなどのインターネット、英語アプリ、テレビの二か国語放送、英字新聞、英語雑誌や本などです。これらの中からあなたが興味をある話題を見つけ英語をインプットするといいです。

例えば私の場合、NHKの二か国語ニュースを録音して通勤電車の中で聞き、同時にジャパンタイムスなどの英字新聞を読んでいました。

NHKのニュースは国内ニュースが多く内容を知っているニュースであれば、初心者でも理解しやすいと思います。また、政治、経済、スポーツなど多くの分野の情報を聞くことができます。

録音したニュースをただ聞き流すのではなく、アナウンサーが英語で言っていることを真似してフォローしていきます。さらに、英字新聞を読めば聞き取れなかった箇所を確認できます。

電車の中では発音はできませんが、私はこの方法を毎日繰り返すことで英語のスピードに慣れてきました。また、英語を日本語に訳さないで英語のまま頭から意味を理解できるようになってきました。

また、聞いたり読んだりした情報をオンライン英会話のレッスンの話題にするといいです。

例えば、以下の画像は天皇と皇后が即位したときのパレードのNYH WORLD JAPANのニュースですが、私はこのニュースをレッスンの話題にしてみました。

Learner: Today November 10th is a memorable day for the Japanese people.

受講者: 今日、11月10日は、日本国民にとって記念すべき日です。Tutor: What ‘s the day today?


Tutor: What’s the day today?

講師: 今日は何の日ですか?


Learner: Japan’s Emperor and Empress made a procession through the center of Tokyo in an open-top limousine. I watched couple parades on TV. There were large crowd gathering along the road to celebrate enthronement.

受講者: 日本の天皇と皇后がオープンカーのリムジンに乗って東京の中心を行列して通りました。テレビでご夫妻のパレードを見ました。即位を祝うために道路沿いに多くの人たちが集まっていましたよ。

レッスンの話題として提供した情報やニュースからインプットした英語の語彙やフレーズを、講師とレッスンで使ってみましょう。実際に講師との会話で使っていくことで記憶に定着し「使える英語」になっていきます。

まとめ

オンライン英会話で成果を出すためには、まず、英会話を学習する目的や目標、またあなたの英会話の改善すべき点を明確にしましょう。

一方、オンライン英会話で効率よく学習するためには、基本的な語彙や文法を理解することが必要です。次に、英語感覚を磨くために、語彙や文法の正しい英文を音読して英語が自然に口から出てくるまで繰り返し練習しましょう。

また、オンライン英会話レッスンの予習(準備)をきっちりしましょう。英会話学習への積極的な姿勢は講師とのコミュニケーションを活発にして学習へのモチベーションを高めてくれます。

さらに、自主学習で英語をインプットして、オンライン英会話でスキーキングの練習(アウトプット)を繰り返しましょう。

これらのことを実践していくことで、オンライン英会話で圧倒的な成果をあげることが可能になります。