テレビ・ラジオの英話番組、英字新聞、英語雑誌などで長く英語に接してきたのに、「外国人の会話が聴き取れない」「外国人と話しができない」と悩んでいる人が多くいます。

また、その人たちの中には、会社で外国人とのコミュニケーションが必要なため「英会話が上手くなりたい」と切実に願っている人も多いです。

私もその一人でしたが、オンライン英会話を知り受講してみると、外国人の英語の聴き取りが容易になり、語彙や英語フレーズも自然に口からでるようになってきました。今までインプットしてきた英語がスピーキング練習により一気に活性化したからです。

ただ、当然ながら効果を実感するにはコツがあります。そこで、オンライン英会話の魅力(メリット)や上達の効果を早期に実感する方法について解説していきます。

オンライン英会話の魅力(メリット)と注意点

英語が上手く話せないのは、スピーキングの練習量が圧倒的に足りないからです。

私の場合はアメリカの船会社の代理店に勤務していたことから、毎日のようにアメリカ本社に英語メールで連絡をとるなど英語に触れてきました。しかし、実際に英語を話す機会は少なかったと思います。そのため、外国人との会話において自分の言いたいことを即座に英語に表現することができませんでした。

そこで、私はオンライン英会話を利用して講師との会話(アウトプット)を繰り返しました。すると、今までインプットした語彙やフレーズが記憶に定着し、実際の会話で「使える語彙やフレーズ(運用語彙)」に変ってきたのを実感しました。

さらに、アウトプットによりインプットできる情報量(語彙やフレーズ)も不思議に多くなってきました。これは会話したことによるアウトプットによる相乗効果だと思います。このような練習と経験こそが英会話の上達につながります。

特にオンライン英会話には以下のような魅力(メリット)があり、学習の継続により英会話の飛躍的な上達を可能にしてくれます。

レッスンの時間や場所を自由に設定できる

オンライン英会話は、スカイプ通話のできる環境とパソコン・スマートフォンがあれば、都合のよい時間や場所を自由に設定して外国人講師からマンツーマンのレッスンを受けることができます。

例えば、会社からの帰宅が遅くなった場合でも深夜の12時までは開講しているところが多く、自宅でリラックスしてレッスンに取り組めます。

また、早朝の6時から開講しているので、会社で英語会議があるときはその前にレッスンを受けて口慣らしをするのもいいです。さらに、国内外を旅行中のときでも宿泊するホテルでパソコンやスマートフォンでレッスンを受けることもできます。

このように、その気さえあればいつどんな場所でも受講が可能です。身支度して予約時間に英会話学校に通うわずらわしさがありません。

リーゾナブルな受講料で話す回数をこなす

また、オンライン英会話は入学金や年会費はありません。さらに、スクールを構える必要がないため設備費用が低く抑えられており、物価の安い国のフィリピン人を講師に採用していることが多いため、英会話スクールへ通学することに比較するとリーゾナブルな料金で受講することができます。

例えば、レアジョブの料金プランは、日常英会話のプランは1レッスンあたり200円を切る価格となっています。英語はそれぞれの国でなまりやアクセントに違いがあります。講師がネイティブでなくても気にする必要はありません。

それより、私たちが英会話学習で目指すのは、相手の話していることを理解でき即座に言いたいことが表現できる英会話力です。そのため、英会話力をアップさせるためには、とにかく話す回数をこなし英語感覚を身に付けることです。

初めうちは講師の話を理解するのが難しく感じますし、あなたの話す力もカタコトかも知れませんが、レッスンを続けているうちに講師の話が聴き取れるようになり、レッスンの回数を重ねるほど話すことにも慣れてきます。

また、講師とのマンツーマンのレッスンは英会話の練習に最適の環境と言えます。講師とあなた以外には誰もいないため、英語を話すことへのメンタルブロックが無くなるからです。

オンライン英会話を受けるとき気を付けるポイント

もちろん、レッスン時に気を付けるべきポイントはあります。

まず、全くの超初心者はオンライン英会話を受ける前に、中学レベルの語彙や文法を身に付けた方がいいです。以下の画像のような中学レベルの教科書や参考書を一通り目を通しておきましょう。

次に、オンライン英会話には日本語を話せる講師がほとんどいないため、文法などを詳しく学習ことには適しません。ただ、文法を間違えた場合は、以下の画像のようにスカイプのチャットボックスで講師が指摘してくれます。

このとき私がも違えたのは、文法(Grammar)の部分で過去の話を現在形で言ってしまったことです。

さらに気を付けたいことは、受講後すぐに次の予約を入れることがあります。レッスンが終わると一息入れたくなりますが、すぐに受講したい講師のレッスンを予約することも学習を継続するコツです。

当然、受講する講師を一人だけに絞ると予約がとりにくいことがあります。あらかじめ受講したい「お気に入りの講師」を2~3人選択しておくといいです。

オンライン英会話の学習効果を早期に実感するコツ

次にオンライン英会話の魅力(メリット)と注意すべき点を考慮して、できるだけ早い時期に学習の効果を実感する方法ですが、まず「何のために英会話を学習するのですか?」の質問にすぐ答えられるように、英会話学習の目的を明確することが重要です。

次に、オンライン英会話のレッスンを自分の目的に合うようにカスタマイズしましょう。受講者にとって最適な方法でレッスンを受講すれば、オンライン英会話の学習効果を早期に実感することが可能になります。

そこで、学習効果を早期に実感するために、私の経験をシェアしながらオンライン英会話の効果的な利用法について解説していきます。

目的別にレッスンをカスタマイズ

私の英会話学習の目的は「外国人との様々なビジネスシーンにおいてスムーズに対応できる」ことでした。そこで、オンライン英会話で学習する目標は、「講師からのどんな質問に対しても問題なく英語で表現できる」ことにしました。

そのため、オンライン英会話を始めたときは、レッスン毎に講師を変えながら多くの講師とフリートークをしました。アクセントや話すスピードの違う色々な英語に触れたかったからです。

そして、私の目標に合うようにレッスンをカスタマイズするため、2ケ月が経過したところで気に入った講師の2人を中心にしてレッスンを受けることにしました。

気に入った講師からレッスンを受ける

気に入った講師からレッスンを受けることも、英会話を早期に上達させるためのポイントです。講師とのコミュニケーションがスムーズであれば、レッスン時間が待ち遠しくなりレッスンが楽しくなるからです。さらに、モチベーションがアップし学習が継続できます。以下は、私が行ったレッスンの内容です。

私は1人の講師とビジネスの話題について講師の質問に対して答えるレッスンを行い、もう1人の講師とは講師が提供する色々なテーマについて講師の質問に答える「Conversation Question」のトレーニングを行いました。

オンライン英会話が提供する教材の一部ですが、Conversation Questionのトレーニングにおいて、以下のように講師と会話をするテーマはいくらでもあります。

例えば、赤枠のChangeを選択してクリックすると、以下のようにChangeに関する質問文がでてきます。

これらの質問対して自分の考えを即座に英語で答える練習をします。この英会話トレーニングは、私の英会話学習の目標、「講師のどんな質問に対しても問題なく英語で表現できる」にピッタリ合致していました。

このトレーニングを繰り返すことにより、自分の考えを英語で表現できる会話力が飛躍的にアップしました。また、私は留学をしませんが会話練習のために講師と留学試験(TOFEL)の問題にトライしてみました。以下の画像は、講師がチャットボックスで送ってきたTOFELのリンクと練習問題です。

この練習もConversation Questionと同じように、私の英会話学習の目標に合った英会話力をを鍛えるのには最適なトレーニングでした。

オンライン英会話の効果を実感できるとき

このようなトレーニングを繰り返せば、理解はできても実践で使えなかった語彙やフレーズが使えるようになり、練習を重ねていくうちに英語が自然に口から出てくるようになります。英語は練習量と経験によりある時点を超えると「私は英会話が上達した」と必ず実感できるようになります。

オンライン英会話の効果を実感できるまでの期間は、本人の資質にもよりますがオンライン英会話を毎日継続して最低でも3ヶ月といわれています。数回程度の受講で実感できるというようなものではありません。

オンライン英会話の効果を早く実感するために、講師とのレッスンをあなたの英会話学習の目的に合うようにカスタマイズして効果的に利用しましょう。

オンライン英会話の初心者が効果的に学習するコツ

ただ受講者が英会話の初心者の場合、オンライン英会話の提供している教材を使い、受講者の英語学習の目的と英語レベルにあった学習カリキュラムを組むのがいいです。

オンライン英会話によっては、最初に受講者の英会話レベルをチェックしてくれます。例えば、以下の画像のように受講者の英会話レベルが3であれば、レベル3用の教材を使用してカリキュラムを組み講師が進捗状況をチェックしてくれます。

レッスンの前に講師と簡単な会話をする

しかし、教材を使用していてもレッスンの前に5分程度は講師と雑談ができます。例えば、天気や季節、会社に勤務していれば今日の会社での出来事などを話題にすればいいです。

「It was cloudy and very cold today in Tokyo.  How was it in your city? (今日の東京は曇りですごく寒い日でした。あなたの町はどうでしたか?」など、簡単な会話をレッスンの度に繰り返し、英語に慣れることを心がけましょう。またある程度英会話に慣れてから、あなたの目的・目標に合うようにレッスンをカスタマイズすればいいです。

レッスンの予習と復習をする

なお、オンライン英会話レッスンの予習や復習をきっちりすることも英会話上達には欠かせません。ほとんどのオンライン英会話は教材を無料で回覧できます。教材を使用してレッスンを受ける場合は、レッスンの前に関連する語彙やフレーズを調べるなど予習をしておきましょう。

事前にレッスンの準備をすることで、レッスンの内容を把握できるためスムーズに会話ができるようになります。英語フレーズが記憶に残るだけでなく、あなたから発言する機会も多くなり自然にスピーキング力がついてきます。

フリートークでレッスンの話題を提供する場合も、話題に関連する語彙やフレーズを調べておきましょう。この場合もレッスンの内容を把握しておけばスムーズな会話を期待でき、さらに会話をリードすることができます。

例えば、「Climate Change(気候変動)」を話題にするとすれば、「Global warming(地球温暖化)」「Carbon dioxide(二酸化炭素)」「Greenhouse gas(温室効果ガス)」などの関連用語をチェックしておくといいです。

レッスンの会話を録音する

レッスンが終了したら、レッスン中に覚えた語彙やフレーズを頭の中に定着させるために復習しましょう。

そうしたとき、会話をスマートフォンなどで録音してレッスンの後で聞いてみるといいです。後で振り返ると、自分が話している文法や単語の間違いに気がつきます。

会話中は単語や文法の間違いを気にして話している余裕はありません。ただ、会話に没頭しているときは、自分が話している英語が間違っていることに気が付きません。

講師が会話中に指摘してくれることもありますが、会話が盛り上がっていると講師も間違いを指摘する余裕がないことがあります。間違えた文法や単語は、復習により記憶に定着します。また、録音すれば発音もチェックすることができます。

講師と上手くコミュニケーションをとる

どんなことであっても生徒にやる気があり熱心であれば、教える側の先生は嬉しく思い教えることに気合がはいるものです。オンライン英会話においても講師と上手く付き合いオンライン英会話を120%活用するようにしましょう。

例えば、質問があるときは講師に遠慮なく問いかけてください。講師はあなたの学習の熱心さに感心して喜んで色々なアドバイスしてくれます。あるとき、私はレッスン中に講師に以下の質問してみました。

Learner: I have a conference call once a month with American counterparts of head office. But sometimes I don’t understand what they are talking about. What do you think is the best way to improve listening skill?

受講者: 私は月に一度電話会議を本社のアメリカ人と行っていますが、時々何を言っているのかわからないがあります。リスニングスキルを改善するベストの方法は何だと思いますか?

すると講師は以下のように答えて、スカイプのチャットボックスにYouTube のリンクを送付してきました。

Tutor: When I worked for call center, I also was in trouble to understand their English Even Americans have different accents depending on where they come from.

For example, there are many differences between British English and American English. You can understand how are different on the video of YouTube.

講師: コ-ルセンターで働いていたときは、私も彼らの英語を理解するのに苦労しましたよ。アメリカ人でも出身地によってアクセントが違いますから。

例えば、アメリカ英語とイギリス英語には多くの違いがあります。YouTubeのビデオでどう違うかわかりますよ。

講師が送ってくれたYouTubeのビデオは、イギリス英語とアメリカ英語のVocabulary(語彙)Accent(アクセント)Spelling(スペル)Grammar(文法)の違いについてわかりやすく解説したものでした。

例えば、Vocabulary(語彙)についてイギリス英語では、地下鉄のことをUndergroundと言いますがアメリカ英語ではSubwayと言います。

私は外資系会社に勤務しているとき、グローバル会議でイギリス人のプレゼンが全く理解できなかったことがありました。そのとき同席していたアメリカ人が「彼の英語は理解できないでしょうね。私も時々わからないことがありますよ」と言ったことを思い出しました。これは、東京の人が沖縄県人同志の会話を聞いても理解できないのと同じ現象です。

さらに、講師はリスニング対策について以下のようにアドバアイスしてくれました。

Tutor: Since it’s hard to understand everything, you can focus on listening to the keywords first.

講師: すべてを理解するのは大変だから、最初はキーワードを聴き取ることに集中すればいいです。

講師のアドバイスは「アクセントの違いなどで、英語の聴き取りが難しい場合であってもキーワードさえ押さえておけばコミュニケーションは何とかできる」というものです。

このように。講師と仲良くなり上手くコミュニケーションをとれば、私たちの英会話学習に役立つ色々な知識や情報を得ることができます。講師からできるだけ多く英会話に役立つ知識や情報をインプットするよう心がけましょう。

講師との良好なコミュニケーションによって、講師の住んでいる国や地域の文化や風習などを理解することができます。また、日本の文化や風習を伝えることもできます。

私たちが外国語を学ぶ本質は言葉を通してお互いの立場を理解することです。オンライン英会話の講師とのコミュニケーションを実践での外国人とのコミュニケーションに役立てましょう。

例えば、ビジネスの場で外国人とパーティーなどで雑談をするときなど、日本の文化や風習が話題になることがあります。こうしたとき、オンライン英会話の講師との会話した経験が役に立つでしょう。

スピーキングテストで会話力を数値化

オンライン英会話でスピーキングテストを実施している場合は、テストを受けることによりあなたの会話力を客観的に数値化(見える化)することができます。

オンライン英会話を継続していけば英会話の上達を実感できますが、数値化することでより会話力が明確に判断できます。テストを定期的に受けてスコアがアップしていけば自信につながります。

レアジョブの例ですが、以下の画像のような客観的な基準でスコアを判定します。テストを練習と思い気楽に受けてみるといいです。

また、TOEICのスピーキングテストを受験して英会話力を測定するのもいいです。TOEICスピーキングテストで高スコアを取得すれば、就職や転職、さらには社内におけるキャリアアップなど、実践的な英語能力をアピールすることができます。私の別の記事「オンライン英会話を使った、直前でも間に合う英語面接の対策法」で詳しく解説していますので参考にしてください。

まとめ

オンライン英会話は、レッスン時間や場所を自由に設定できリーゾナブルな受講料でスピーキング力を鍛えることができる最適なツールです。また、英会話の初心者にとっても英語を話すことへのメンタルブロックを解消する最適な環境を提供してくれます。

オンライン英会話を利用して上達の効果を早期に実感するには、まず英会話学習の目的を明確にしてレッスンを自分の目的に合うようにカスタマイズすることが大切です。

また、レッスンの予習や復習もきっちりしましょう。そうすれば語彙やフレーズが記憶に定着します。さらに、オンライン英会話の講師から英会話の上達についてアドバイスをもらいましょう。

さらに英会話力を客観的な数値で知るためには、スピーキングテストを受けるといいです。定期的に受けて数値がアップすればモチベーションのアップや自信につながります。このように、オンライン英会話を効果的に使うことにより上達の効果を早期に実感することができます。