オンライン英会話スクールでは、様々なビジネスの場で使用するフォーマルな英語の言い回しやフレーズを学習することができます。

ただ、ビジネス英話を学びたい人の中には、汎用性の高いビジネス英話を学ぶだけでなく、業界に特化した英話の必要性を感じている人も多いです。

例えば、あなたがIT業界に勤務しているのであれば、IT業界に関連した英単語や英語表現の習得が必須となります。また日常のITの仕事やIT業界のトピックについて話せるスキルも必要となるでしょう。

そうしたとき、オンライン英会話によっては、あなたの勤務している業界に対応したビジネス英話を学ぶことができます。ビジネス英語では、こうしたシステムを備えているオンライン英会話が効果的です。

そこで、オンライン英会話により業界別の専門性と実用性の高いビジネス英話学習をどのように進めていけばよいのか、またその学習効果について解説していきます。

実践に役立つビジネス向け英話を学ぶといい

あなたにとって実践的なビジネス英話とは、仕事の現場ですぐに役立つ英話を指します。そうしたとき、オンライン英会話を利用して、自分の業界のことを英語で話せる会話スキルを身につけるといいです。

また、自分の業界や職種に特有の専門用語としての英単語や英語表現も効率よく学習して、実践に役立てましょう。

さらに、そうした専門性が高い英話を学習すると同時に、オフィスコミュニケーションや英語会議、プレゼンなど、様々なフォーマルな場で使われる一般的なビジネス英話も並行して学習していきましょう。

ビジネスの様々なシチュエーションに問題なく対応するには、専門用語や表現をしっかり学び、同時にビジネスに必要な英語の4技能(読む、聴く、話す、書く)をバランスよく学習するといいです。そうすることで、あなたの業界においてグローバルな活躍を期待できます。

業界別(職業別)のビジネス英語コースを受講するべき

参考までに、私はオンライン英会話スクールの中から業界別のビジネス英話が学習可能なスクールとして、EF English Liveを受講しました。

EF English Liveでは、スクールが提供している17種類の「業界別英語コース」の中から、あなたの業界の英語コースを選択することができます。

例えば、私は外国航路に就航する船会社に勤務していたことから、物流業界(Logistics)の英語を選択してみました。(下の画像 赤枠)

そこで、私が受講した「物流業界の英語」を具体例として、ビジネス英語の学習に必要なことや学習効果について解説していきます。

ビジネス英語の基礎固めは語彙力の強化から

ビジネス英語の学習を始めるにあたり、まず、あなたの業界に特有の専門用語の英語表現を覚えて基礎固めをしましょう。

例えば私が外資系の船会社に勤務したばかりの頃は、物流業界に特化した専門用語がわからなくて、外国人のプレゼンや英文メールを理解するのが難しかったのを記憶しています。

そうしたときは、インターネットや業界用語辞典を利用しました。例えば、下の画像のような物流業界の用語辞典を使い、知らない用語が出てくるたびにチェックし、理解するようにしました。

また、専門用語の略語(abbreviation)も頻繁に使われています。例えば私の業界だと、ETA(estimated time of arrival: 到着予定日)、SCM (supply chain management: サプライ チェーン マネージメント)、CRM (customer relationship management: 顧客管理)など多くの略語があります。

これらの業界特有の略語も、辞典やインターネットでチェックしていきましょう。何回もチェックしているうちに、自然に覚えてしまいます。

さらに、ビジネスでよく使われる汎用性の高い英単語を覚えて、語彙力を強化することが重要です。ビジネス英語の基礎固めにおいては、英単語をコツコツ覚えるような地道な努力が必要です。

なおビジネス英語といっても、ビジネスの場で英語を使うだけのことです。難しく考える必要はありません。業界の専門用語は難しいものの、それらの語彙力さえあれば相手に意思を伝えることができ、何とか会話が成り立ちます。

ビジネス英語の学習を継続していけば、英語を使い的確に実務をこなし成果をあげることができます。

語彙力を伸ばす必要性とは

また、ビジネスの様々な場面に対応するには、英語の総合的な4技能(読む、聴く、話す、書く)が必要とされます。語彙力は4技能を伸ばすための基礎になるものです。

特に、すぐに応答することを強いられる外国人との会話においては、そのときの状況と文脈に合った語彙やフレーズを即座に使いこなすできるスキルが必要です。

例えば、外国人との話の途中で言いたい単語が浮かんでこなくて会話が中断してしまうことがあります。その原因は単語の意味は知っていたとしても、自由に口から出てくるまでは使いこなしていないからです。

そうしたとき、忙しいビジネスパーソンは、できるだけ効率よく語彙力を強化するといいです。例えば、ビジネスでよく使われる業界用語や汎用性の高い語彙などは、英文フレーズを通して覚えましょう。

また、英語の4技能をバランスよく伸ばすことを意識しながら、語彙力を強化していきましょう。例えば、外国人との会話、インターネットや英文メールから、キーワードを含んだフレーズを音読するといいです。

そうすることで、語彙がフレーズ内でどのような使われ方をしているかを理解でき、あなたの記憶に定着しやすくなります。また、フレーズをそのまま覚えれば会話の表現として使うことができます。業務に必要な語彙やフレーズは、使いこなすレベルまで覚えましょう。

使いこなすレベルとは、とっさの質問に対してすぐに答えられるレベルのことです。例えば私の場合であれば、顧客から「What is ETD?(ETDとは何のことですか?)」と質問されたとき、「It’s estimated time of departure.(それは出港予定日時のことです)」と即座に答えられるレベルのことです。

  • 業界専門家のビデオ動画を視聴して語彙やフレーズを学ぶ

そうしたとき、私はEF English Liveというオンライン英会話にある「業界別英語コース」のプログラムで実施されている、業界専門家によるビデオ動画を視聴してみました。ビデオ動画では、業界専門家が業界の概要についてプレゼンをします。

私の場合は物流業界の英語が必要であり、これらに関する概要のプレゼンを学ぶことで、専門用語を含む語彙や表現を学習できます。また、リスニングだけでなくビデオ動画も観れるのでリアリティを感じるため、語彙を鮮明に記憶することが可能になります。

例えば、「The export license is required for the specific items.(特定の品目には、輸出許可証が必要です)」というフレーズを聞いたとき、コンテナが船に積み込まれる動画を観ることで、物流専門用語のexport license(輸出許可証)が記憶に定着しやすくなります。

また、業界概要のプレゼンを視聴しながら、画面に表示される質問に答えることでも理解を深めることができます。もし、ネイティブスピーカーの英語がどうしても聴き取れないときは、下の画像の赤丸をクリックすることで英文字幕が表示されます。

ただ、ビデオ動画による業界専門家(ネイティブスピーカー)のプレゼンを聴くときは、字幕に頼ることなく何回も理解できるまで視聴するといいです。

そうすることで、繰り返しプレゼンに出てくる専門用語やフレーズが記憶に定着され、業界について説明できるようになってきます。そのうえ、リスニングや発音の勉強にもなります。

また音読の効果は、語彙がフレーズ内でどのような使われ方をしているか理解でき、語彙が記憶に定着しやすくなります。

例えば、ビジネス交渉のときによく使われる語彙である「persuade(説得する)」を覚えるとき、例文を音読すると効果的です。「I am trying to persuade my client to make a contract with us.(私は、お客さんと契約を結ぶことを説得するつもりです)」とビジネスでよく使うフレーズを音読してみましょう。

このように、語彙力を伸ばしフレーズを覚えるとき、短いフレーズを音読して口の筋肉を使い、身体で覚えましょう。

  • 英文を読んで語彙力を鍛える

さらに、英文を読むことでも語彙力を鍛えていきましょう。例えば以下は、私が実務でカナダの港湾担当者から受信したメールです。担当者は、船から荷卸しされた貨物を鉄道に乗せる手配をしています。

メールは、「港湾が大変混雑しているため、荷主から目的地変更の依頼があるが、操作が大変煩雑なためDPワールド(鉄道会社)にとって、貨物を輸送する目的地を変更することは難しい。その旨をお客様に伝えて欲しい」という内容です。

英文メールを受け取った場合、内容を正確に理解して対応することが必要です。このとき内容を素早く理解するコツは、キーワードを意識して読むことです。例えば、上の文章のキーワード(青字)は、diversions, reserve the right to, congestionです。

  • diversion: 通常は「迂回」という意味ですが、物流業界で用いるときは、「揚げ地変更料金、向け地変更料金」という意味になります。
  • reserve the right to:「権利を保留する、~することができる」という意味です。英文契約書でよく使われるイディオムです。
  • congestion: 混雑という意味ですが、「traffic congestion(交通渋滞)」と覚えておくと記憶しやすいです。

英文のキーワードを理解できれば、他の語彙がわからなくても何とか文章全体を理解できます。語彙力の強化はリーディングスキルを向上させるためにも必要です。

また、英文は語順通りに理解することを意識するといいです。英文を語順通りに理解することで、英文を読む速度が向上し、英語の語調からニュアンスを感じとるセンスが身に付いてきます。そうすることで、あなたのリーディングスキルは加速的に向上していきます。

ビジネス英語のアウトプット(書く、話す)の学習法とは

また、ビジネスに必要な語彙を強化していくとき、またリスニングやリーディングの場合においても、英語のアウトプット(話す、書く)を意識するといいです。

特に、外国人との会話においては、あなたの頭に蓄積されている語彙やフレーズを必要な場面に、即座に引き出せることが重要です。そこで、まずスピーキングのトレーニングとして具体的なビジネスシーンをイメージして英文フレーズを作成してみましょう。

イメージするシーンとは、例えば上司や同僚とのオフィスコミュニケーション、英文メール対応、英語会議、電話対応、プレゼンテーションなど様々です。また、私の別の記事では、色々なビジネスシーンを想定して、その場面にふさわしい英語フレーズを紹介しています。

例えば、オフィスコミュニケーションについては、私の記事の「オフィスのビジネス英会話!外国人とのコミュニケーションのポイント」で、具体的なビジネスシーンにおいて、使えそうな英語フレーズを解説しています。

それらを参考にして、ビジネスシーンで使えそうな英語フレーズを借文すればいいです。また、インターネットで検索しても、使えそうな英文を容易に見つけることができます。

そのようにして、ビジネスシーンをイメージしながら、作成したフレーズをすぐに英語が口から出てくるまで音読してみましょう。

外国人との会話は実践を通して学ぶのが上達の近道

また、英会話力を向上させるには、色々なビジネスシーンでいかに実践の経験を多く積むことです。TOEICで高得点を持っている人でも、英会話が苦手の人は多くいます。

その理由は英会話に慣れていないため、英語を話すことに対するメンタルブロックがあるからです。会話においては、文法や発音の間違いを気にする余裕はありません。間違いは誰にでもあることなので、気にする必要はありません。間違いは気がついたとき、修正していけばいいだけです。

それよりも英語を話すことを躊躇しないで、実践を通してビジネス英語を学んでいくのが上達の近道です。ただ、ビジネスで英語を話すときは、できるだけ以下の点に気を付けるといいです。

  • 丁寧な英語表現を使う

ビジネスシーンでは、ビジネスマナーとして丁寧な英語表現を使うことを心掛けましょう。外国人の上司はもちろん、同僚とオフィスで話すときも丁寧な表現を使う方が無難です。

例えば、あなたが上司に経過報告書をチェックして欲しいと頼むとき、あなたは「Would you please check the progress report?(経過報告書をチェックして頂けますか?)」といいましょう。「Would you please~ 」と相手の意向を聞くときの丁寧な英語表現を使うのがフォーマルな言い方です。

  • ビジネス英語の英文は簡潔な方がいい

また、英文は簡潔な方がいいです。文章をつなげた複雑で長い文章は、相手にとってどこに焦点があるのか分かり難いのでNGです。例えば、以下の2つの例文を比べてみましょう。

  1. Please make sure that arrival schedule of the shipping company you use is accurate and reliable, in order to avoid the delay in arrival of the goods.: 商品の到着が遅れないように、利用する船会社の到着スケジュールが正確で信頼できるものであることを確認して下さい。
  2. Please make sure of arrival schedule. Because we need to avoid the delay of the goods. You should use the shipping company to be accurate and reliable.: 到着スケジュールを確認してください。商品の到着が遅れないようにする必要があるためです。正確で信頼性のある船会社を利用することが必要です。

2つの例文は同じことを言っていますが、2.の文章の方が簡潔でわかりやすく、話す側にしても英語が楽に口からでてきます。日本語でも共通しますが、ビジネス英語においては、簡潔でわかりやすい文章を作成することが大切です。

講師とのレッスンでスピーキングの瞬発力を鍛える

そうしたとき、オンライン英会話により実践さながらのスピーキングのトレーニングをするといいです。例えば私は、EF English Liveの「業界別英語コース」で、講師とマンツーマンのレッスンを受けました。

このとき、講師と業界別英語コースのテキスト画面を共有しながら、講師の質問や課題に対応していきました。私は講師から、物流会社の従業員数と顧客数を表示されたグラフについて、自分の考えをまとめて簡単にプレゼンするように言われました。講師と私の会話は、以下のような感じです。

Tutor: Looking at the graph describing change at different times, please give a brief presentation.

講師: 異なる時点で変化しているグラフをみて、簡単にプレゼンしてください。


Learner: The number of employees and customers is increasing. We may need to hire more employees to handle all the jobs in our projection in future.

私: 従業員と顧客は増えています。将来的には、すべて仕事を処理するためには、より多くの従業員を雇う必要がるかも知れません。

あなたは講師との会話において、現時点での語彙力と表現力を用い、何とか自分の考えを英語で表現しようとします。この文章でのビジネスでよく使われる語彙は、「employee(従業員)」「customer(顧客)」「projection(予測)」です。

誰でも初めのうちはスムーズに答えられませんが、何度も講師とトレーニングすることによって、あなたの表現のレパートリーが増え、ビジネスでのスピーキング力は飛躍的に向上していきます。また、自分の意見を論理的に組み立て、言いたいことを英語で表現できるようになっていきます。

またこのトレーニングでは、英会話の瞬発力が鍛えられます。講師から即座の回答を要求されるからです。さらに、実際に声をだして英語を話すことにより、テキストで学んだことが記憶に定着していきます。

オンライン英語を利用したライティングの学習方法

次に、英語ライティングの学習方法ですが、会話と違い英文を受け取った側はじっくり読めます。また、できるだけ語彙や文法を正しく書く必要があります。そういった意味では、英語4技能うち一番難しいスキルといえるでしょう。

仕事で英文メールなどに対応している人は、実践を通して学習できます。ただそうでない場合は、ライティングをどうやって学習していいのか分からない人が多いです。

そうしたときについても、オンライン英会話を利用するといいです。どのオンライン英会話においても、受講者が英文を作成して送信すると、講師が英文を添削してコメントをつけて返信してきます。例えば、下の画像は私の英文に対する講師のコメントです。

講師が訂正したのは以下の2箇所でした。

  • 必要な箇所に「preposition(前置詞)」が無かった。「response to customers strong demands」に”to“が抜けていた。(黄線)
  • 「Capitalization (大文字化)」すべきでない箇所 「Best Regards」を 大文字にした。正しくは、「Best regards」(緑線)

英文添削において、講師はこのような文法的な間違いの細かい点も訂正してくれます。こうして、語彙や文法のミスがあれば指摘してもらい、講師から英文にふさわしい表現や自然な表現を提案してもらいましょう。

ライティングを含めた英語4技能の学習法については、「オンライン英会話の4技能(読む、聴く、話す、書く)の効果的な学習法とは?」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

  • 業界別英語コースの利用が最適

なお会議やプレゼンなどの様々なビジネスシーンにおいて、汎用性の高いビジネス英語を学ぶことが大切です。一方、仕事の現場で使われる英語は、業界や職種によって大きく異なっています。そうしたとき、業界の専門用語を含む実践的なビジネス英語を身に付けると、あなたの仕事の現場ですぐに役に立ちます。

オンライン英会話には業界別英語コースがあり、あなたのビジネスをスムーズに行うために業界別英語コースは効果的で最適な方法です。また、あなたは業界別英語コースを体系的に学ぶことで、以下の学習効果を感じることができます。

  • 自分の業界について英語で説明できる
  • 業界に関連した基本的な英単語やフレーズを習得
  • 英語の4技能(読む、聴く、話す、書く)の向上

ただ、業界別英語コースを完了しても、基本的なビジネス英語学習の通過点に過ぎません。さらにオンライン英会話、インターネット教材などを利用して、ビジネス英語の学習を継続していきましょう。

業界別のビジネス英語を受講できるオンライン英会話スクール

ちなみにオンライン英会話スクールの中では、EF English Live、mytutor(マイチューター)、産経オンライン英会話などが業界別ビジネス英語のサービスを提供しています。

それぞれ、スクールの特徴があります。例えばmytutorは、あなたのお気に入りの講師を担任として指定でき、自分に合った講師から業界別の英話を学習できます。また、産経オンライン英会話では、小売店、レストラン、鉄道、タクシーなど接客業に強い業界別の英話を提供しています。

私はその中で、世界的にオンライン英会話学習を展開しているEF English Liveを選択しました。EF English Liveは、講師が全てネイティブスピーカーで教材も充実しているため、業界別ビジネス英語を身に付けることきると同時に、英語の4技能(読む、聴く、話す、書く)もバランスよく学習できるからです。

EF English Live : 世界最大級のオンライン英会話

EF English Liveには以下の17種類のコースがあり、専門的な業界別ビジネス英話を身に付けることができます。具体的には、以下になります。

  • 自動車、銀行・金融、建設、科学、ホスピタリティ、保険、IT、法律、物流、医療、オフィス、石油とガス、薬学、社会とレジャー、通信、旅行、研究

ビジネス英語を学ぶにあたり、あなたは業界で幅広く活躍できる実用性の高い英語を必要としています。そうしたとき、EF English Liveのプログラムに沿って計画的に学習を進めることで、すぐに仕事に役立つ専門的な英単語や表現を習得することが可能です。

まとめ

業界に特化した実践的な英会話を習得して、仕事の現場ですぐに役立てたい人は、オンライン英会話の業界別英語コースを受講するといいです。

まず、語彙力を強化して基礎固めをしましょう。業界で使われる専門用語は業界用語辞典でチェックするといいです。また、ネイティブスピーカーの音声を聴いて語彙やフレーズをインプットしましょう。

さらに、英文についてキーワードを意識しながら英文を頭から読んでいくといいです。英文を読む速度が向上し、英語の語調からニュアンスを感じ取るセンスが身に付いてきます。

ビジネス英語の学習を継続しながら、実際に様々なビジネスシーンを多く経験するで、あなたのビジネス英語は飛躍的に上達していきます。こうして、あなたは業界においてグローバルに活躍できる人材に育っていきます。