外国人による英語面接は、外資系企業などへの就職や転職、外国人上司との社内面接などで実施されます。また、MBAの留学面接や英検の二次試験においても実施されています。英語テストの受験者に圧倒的に人気のTOEICではスピーキングテストが実施されています。

ただ、英語での面接となると円滑に外国人と意思疎通がとれるのか、大きな不安を感じる人が多いと思います。

そうしたとき、オンライン英会話を活用して、少しでも英語面接の練習をすると、実際の本番では自信をもって面接に臨むことができます。

英語面接が直前にせまり、その準備のために十分な時間をとれない場合、何とか英語面接を乗り切るための対策をとる必要があります。そこで、目前にせまったビジネスシーンの英語面接に向けて、具体的にどのようにして面接練習したらよいかについて解説します。

ビジネスシーンにおける外国人との英語面接の対策

ビジネスシーンにおける面接には、就職や転職の場合に限らず、企業によっては昇格試験などで社内面接が実施されています。

このような面接においては、面接担当者が日本人であっても緊張しがちですが、外国人との英語面接となるとさらに不安になるかと思います。

そうしたとき、まず日本語でしっかり面接の準備をして、オンライン英会話を活用して面接練習をすれば、直前に迫った英語面接でも問題なく対処できます。

ただ、英語面接では面接担当者によい印象を与えるために、面接全般を通して以下の基本的なポイントを心がけましょう。

  • 簡潔な英語で話す
  • 英語は丁寧語を使う
  • 常にポジティブな考えを示す
  • 自分の長所をアピールする

では、就職や転職の面接が迫ったとき、どのように面接練習をすればよいか解説します。

就職や転職ための面接練習

応募していた企業から「英語面接をしたい」と突然オファーがあった場合、何とか英語面接をスムーズ乗り切る対策をとる必要があります。

そうしたとき、オンライン英会話の講師と面接試験のロールプレイするのが効果的です。そのためには、レッスンの前に講師に以下のようにリクエストするといいです。

I would like to talk about job interview in the next lesson. I would like to know the critical points of job interview. Could you please give me a lesson, assuming I am a job applicant?

次のレッスンで面接について話したいのですが。面接の大切なポイントについて知りたいです。私が求職者と仮定してレッスンをお願いできますか?

そのとき、講師については会社勤務かビジネス英会話の経験のある講師を選択すると、講師とスムーズにロールプレイができます。レアジョブの例ですが、以下のように講師のプロフィールを確認できます。

さらに、次のレッスンの内容を確認するために、講師へスカイプのチャットボックスでメッセジーを送付しましょう。すると、講師から確認メッセージが届きます。

講師と面接練習を始める前に、以下の面接のプロセスを頭にいれておきましょう。

  • 挨拶の自己紹介と面接前の簡単な会話
  • 自己紹介と志望動機
  • 面接官からの質問
  • 終りの挨拶

講師を面接担当者とみなして、本番を想定したロールプレイを始めてみましょう。あなたの応募する業務に合った英文を作成して、面接プロセスの最初から終りまで練習してください。

プロセスの各項目についての英語フレーズは、私の記事「英語面接の対策と役に立つビジネス英語フレーズ」を参考にしてください。

面接練習の後に講師からフィードバックを受ける

また、講師との面接練習の会話をスマートフォーンなどで録音して後で聞いてみるといいです。後で振り返ると単語や文法の間違いに気が付くことがあります。

さらに、次回のレッスンのとき講師から面接練習についてのフィードバックをもらいましょう。講師は、質問に対する回答のポイントについてアドバイスをしてくれます。

例えば、私は面接での重要なポイントである「自己紹介と志望動機」について、以下のような質問を受けました。

Tutor: About self-introduction and reason for your application, what answer would you expect from a job applicant if you were an interviewer?

講師: 自己紹介と志望動機についてですが、もしあなたが面接担当者でしたら、求職者からどんな回答を期待しますか?


Learner: As for self-introduction, I would expect your experiences and contributions to the work you did, and whether your skills match for the position required. For the motivation, I would like to know why you are interested in the position you want to apply.

受講者: 自己紹介に関しては、経験と貢献度、スキルが求められているポジションに合っているかどうかを期待します。志望動機については、応募したポジションに興味がある理由を知りたいです。

講師の質問の意図するところは、自己紹介と志望動機のポイントである「経歴と功績」「スキルが応募したポジションにマッチしているかどうか」「応募したポジションへの興味」についての確認のためです。

このような講師からのアドバイスを参考にして、あなたの自己紹介と志望動機を見直してみましょう。また、修正した適切な英文は繰り返し音読して暗記しましょう。

また、面接先の企業についても十分リサーチしておきましょう。以下も、講師からのアドバアイスです。

Tutor: You should know company’s mission or ambition

講師: 企業の使命(役割)や大志(熱意)を知っておくべきです。


Learner: Mission or ambition?

受講者: 使命や大志?


Tutor: Yes, I suggest you should say as follows.

“I was able to learn about your company. I got to know that the mission and ambition of your company is the best in the world. The policy of your company is customer focused. It has led your company to become the world leader. Its policy meets with my idea and expectation”

講師: そうです。次のように言うといいです。

「私は、貴社について学ぶことができました。 貴社の使命と大志は世界でもベストであることがわかりました。貴社の方針は顧客重視です。それは貴社を世界のリーダーに導きました。その方針は私の考えと期待に一致します」

さらに、以下は面接での語彙の選び方や言い回しについての講師からのアドバイスです。

I suggest you should keep the answer short and simple, and also you don’t need to use business English if you are not comfortable. You should use general English, which makes you easier to handle the interview.

回答は短くシンプルなのがいいです。また、得意でなければビジネス英語を使う必要はありません。一般的な英語を使ってください。そうすれば、面接はスムーズに行うことができます。

大切なことは、応募する仕事に対するポジティブな姿勢と熱意です。英語が苦手であっても、簡潔な英語でゆっくり会話をすれば問題ありません。

次に、企業内での英語面接の対策について解説します。

企業内で英語面接のある場合の対策

なお、企業によっては昇格試験などで社内面接が実施されています。例えば、私の勤務していた外資系企業では、毎年年末近くに昇格や昇給のため面接が実施されていました。上司が外国人の場合は、英語による面接が実施されました。

このような社内面接では、面接での課題があらかじめ決められていることが多いので、そのための対策は立てやすいと思います。

まず、外国人上司との面接における課題を想定して日本語で文章を作成し、英作文を作成してください。次に、オンライン英会話を活用して、想定した課題について講師と話してみましょう。

例えば、面接の課題が会社への貢献度であれば、講師に以下のようにレッスンの話題を提供してみましょう。

I would like to talk about my job today as I will have an interview with my boss next week. The subject is about my contribution to the company I did this year.

来週上司と面接があるので、今日は私の仕事について話がしたいです。主題は今年行った私の会社への貢献度についてです。

実際に、私は上司と以下のような会話をしました。

Richard: How are you, Ichiro-san?

リチャード: 一郎さん、元気ですか?


Ichiro: I am good, thank you, Richard-san

一郎: 元気です。リチャードさん、ありがとうございます。


Richard: Well, Let’s talk about your business performance this year. You marked your own results of this year with “A”. Can you tell me the reason?

リチャード: さて、今年のあなたの業績について話しましょう。あなたは今年の自分の結果について”A”をつけていますが、その理由を教えてください。


Ichiro: Could you please look at my sales record? It is far beyond the budget planned at the begging of this year. Because I cultivated new customers. I would appreciate it if you could recognize my contribution to the company.

一郎: 私の販売実績を見ていただけますか?今年の初めに作成したプランより大きく上回っています。新しい顧客を開拓したからです。私の会社への貢献度を認めていただけるとありがたいです。

  • Could you please~?: ~していただけますか?
  • I would appreciate it if~: ~していただけますとありがたいです。

会社内であっても、外国人の上司との会話では常に丁寧な英語表現を使い、ポジティブな考えを示しましょう。

面接対策は、TOEICスピーキングテストで英会話力を鍛えるのが早道

なお面接対策という意味では、転職などに限らず資格でも重要になります。特に英語のコミュニケーション能力を評価するTOEICテストは、英語を母語としていない人を対象に世界共通のテストとして世界各地で実施されています。

TOEICテストでは、聴き取りと読解力のテストとしてのTOEIC L & R (Listening & Reading) が一般的によく知られていますが、スピーキングとライティングのテストのTOEIC S & W (Speaking & Writing) も実施されています。そのうち、Speaking(スピーキング)テストのみ受験することもできます。

TOEICスピーキングテストで高スコアを取得すれば、TOEIC L & Rのスコアに加えて、就職や転職、さらには社内におけるキャリアアップなど、実践的な英語能力をアピールすることができます。

実践的な英語能力は、今後ますます重要視されてくるのは確実です。英会話力をつけることは、ビジネスシーンでの面接を成功に導くための早道です。

オンライン英会話は、スピーキングを鍛えるための最適なツールであることから、TOEICのスピーキングテスト対策に大変効果的です。そうしたとき、オンライン英会話を利用してTOEICのスピーキングテストの練習をすることもできます。

TOEICスピーキングテストの問題傾向と形式

TOEICスピーキングテストは20分間で、パソコンとヘットセットを使って実施されます。まず、スピーキングテストを受験する前に、テストの問題傾向と形式を把握しておく必要があります。以下がスピーキングテストの問題の傾向と形式です。

  • 音読問題
  • 写真描写問題
  • 応答問題
  • 提示された情報に基ずく応用問題
  • 解決策を提案する問題
  • 意見を述べる問題

以下に、各問題についての内容と解答の要領、オンライン英会話の利用法について解説します。

各問題の内容と解答の要領、オンライン英会話の利用法

[音読問題]

音読問題 (Question 1 &  2)は、アナウンスや広告などを音読する問題です。普段からわかりやすい発音とリズムで英文を音読するように心がけましょう。

問題数は2問 で、45秒間で文章を黙読し45秒間で文章を音読します。発音やイントネーション、アクセントがチェックされます。普段からわかりやすい発音とリズムで英文を音読するように心がけましょう。

オンライン英会話の利用法については、以下の問題について問題形式に沿って講師とロールプレイをしておくと効果的です。

[写真描写問題]

写真描写問題 (Question 3)は、1枚の写真を見て内容を英語で描写する問題です。

写真が表示され、写真見て45秒間で描写を考え45秒間で解答します。適切な語彙と構文を用いて、なるべく多くのことを描写するのがポイントです。

例えば、上の写真について以下のように描写できます。

This is a picture for fish store or fish market.

これは魚屋か魚市場の写真です。


A man is cutting fishes on a cutting board.

男はまな板の上の魚を切っています。


A man wears green shirt.

男は緑のシャツを着ています。


A man has a bandana around his head.

男は頭にバンダナを巻いています。


I can see another man over there.

向こうに別の男が見えます。

このように、難しい表現を使わないで写真の状況をそのまま描写するといいです。さらに、以下のように写真について、あなたの感想を話すのもポイントアップにつながります。

I think he wakes up early everyday as fish market usually opens earlier in the morning.

魚市場は通常早朝に開くので、彼は毎日早起きをすると思います。


He is working for fish market to provide fresh fishes with people.

彼は、新鮮な魚を人々に提供するために魚市場で働いています。


I think it will take a lot of time to become a skilled worker at fish market.

魚市場での熟練者になるには、かなり時間を要すると思います。

写真描写問題の対策としては「写真描写の練習をしたい(I would like to practice describing the picture)」と講師に写真を提供してもらいましょう。

そのとき、講師に「間違えていたら、訂正して頂けませんか?(Could you please correct me if I am wrong?」と頼んでみましょう。

[応用問題]

応用問題(Question 4~6)は、同じトピックについて3つの短いインタビューに答える設定です。インタビューと設問が画面に表示され音声が流れ、最初の2問は15秒、3問目は30秒で答えます。

設問にすぐ答えるため準備時間はありませんが、設問に解答する間もインタビューの内容と設問が画面に表示されているため、難易度はそれほど高くありません。

例えば、以下はインタビューの内容、質問と解答例です。

Interviewer: Imagine that an American travel agency is doing research in your country. You have agreed to participate in a telephone interview about traveling overseas.

インタビュアー: アメリカの旅行代理店が、あなたの国でリサーチしているところを想像してくだい。あなたは、海外旅行について電話インタビューに参加することに同意しました。


Question 4: How often do you want to go abroad?

質問 4: どのくらいの頻度で海外旅行へ行きたいですか?

Answer: I want to go abroad at least once a year.

解答: 少なくとも1年に1度は海外に出かけたいです。


Question 5: What is your favorite country you have ever been to?

質問 5: 今まで行ったところで好きな国はどこですか?

Answer: Turkey is one of my favorite countries.

解答: トルコが私の好きな国の1つです。


Question 6: What country do you want to go to if you have a chance? Why?

質問 6: 機会があれば、どの国へいきたいですか?それはどうしてですか?

Answer: I want to go to Spain because I am interested in Spanish culture and am learning Spanish.

解答: スペインへ行ってみたいです。スペインの文化に興味がありスペイン語を学習しているからです。

応答問題の対策としては、講師にトピックを提供してもらい、講師からのトピックについての質問に即座に答える練習をするといいです。講師に「トピックごとに会話の質問に答える練習をしたい(I would like to practice conversation questions by topic)」と頼んで練習しましょう。

[提示された情報に基づく問題]

提示された情報に基ずく問題(Qestion 7~9)は、提示された資料の情報を確認した後、ナレーターの質問に答える問題です。

設問に解答する間は資料の内容は画面に表示されていますが、設問は音声のみで画面には表示されません。資料の内容は、セミナーなどのイベント告知や旅程表などです。例えば、以下のような資料が画面に表示されます。

この資料の内容を45秒間で確認して、ナレーターの3つの質問に対して、1.2問目は15秒、3問目は30秒で答えます。以下は、この資料の情報に基づいて想定されるナレーターの質問と解答例です。

Question 7: Could you tell me what time the meeting starts?

質問 7: 何時に会議が始まるのか教えて頂きますか?

Answer: It will start at 9 am.

解答: 午前9時に始まります。


Question 8: What is the first item of the meeting? What time will it start?

質問 8: 会議の最初の課題は何ですか?それは何時から始まりますか?

Answer: The first item is product price increase. It will start at 9:15 am.

解答: 最初の課題は商品の値上げです。午前9時15分に始まります。


Question 9: Who is the leader in discussing cost cut scheme?

質問 9: コスト削減計画の話し合いのリーダーは誰ですか?

Answer: The leader is Mr. Michael Smith.

解答: リーダーはマイケル スミスです。

解答する間、設問の内容が画面に表示されているので解答しやすい問題です。ただ、設問は音声だけですのでポイントを理解して、すばやく正確に答えましょう。

この問題の対策も3)の場合と同じように、講師にトピックを提供してもらい、講師からのトピックについての質問に即座に答える練習をしましょう。

[解決策を提案する問題]

解決策を提案する問題(Question 10)は、留守番電話などのメッセージを聞き、その解決策を提案する問題です。メッセージは音声のみで、画面には表示されません。考える準備時間が45秒間与えられ、解決策を60秒で提案します。

例えば、顧客から商品のクレームの留守番電話が入っていたとして、その解決策を考え提案するような問題があるとします。メッセージが画面に表示されていないので、リスニング力と問題の解決策を考え英語で表現する力が必要です。

例えば、以下のようなクレームの留守番電話が入ったとします。

Hello, this is Ichiro Yamada of ABC corporation. I have just received a sample of automobile parts but it’s not spec what we requested you to send us. We need to show our customer the sample next week. Can you tell me how we can do it?

こんにちは、ABC会社の山田一郎です。自動車部品のサンプルを受け取ったところですが、送ってもらうようにお願いしたものと仕様が違います。私たちは来週顧客にサンプルを見せる必要があります。どうしたら良いか教えてください。


実際のテストではもう少し長いナレーションですが、おおよそこんな感じです。すると画面にどのような立場で解答するか、以下ように表示され45秒間の準備時間が与えられます。

Respond as if you are a receiver. In your response, to be sure to show that you recognize the problem, and propose a way of dealing with the problem.

受け取り側として答えてください。解答において、問題を認識して問題をどう扱うか提案してください。


この問題の難しい点は、どのような場面でどのような問題が発生したのか、ナレーションを聞くまで情報が与えられないことです。また、あなたに全く関係ない業種のビジネスシーンが出題されます。

そのため想像力は必要ですが、解答する要領としては、ビジネスとしての正解を求めるのではなく、電話をかけてきた相手に問題を理解していることを伝え、解決策を具体的に伝えられることです。解答例としては以下のような感じです。

Hello, Mr. Yamada. Thanks for your message. I understood your problem, and sorry for your inconvenience. I will immediately send the sample you required by air. So, you will be able to show it to your customer early next week as it will arrive at your office by this week. I will keep in mind not to happen the same again.

こんにちは、山田さん。メッセージありがとうございます。問題はわかりました。ご不便をおかけし申し訳ございません。あなたの必要としているサンプルをすぐに空輸します。今週中にあなたのオフィスに届くので、来週の初めに顧客にそれを見せることができます。再び同じことがないように心がけます。

この問題の対策としては、講師に「様々な場面で顧客からのクレームに答える練習をしたい(I would like to practice to respond the claim from customers in various cases)」と例文を提示してもらい、ロールプレイをしましょう。

[意見を述べる問題]

意見を述べる問題 (Question 11)は、あるテーマについて自分の意見とその理由を述べる問題です。問題が画面に表示され、ナレーターが問題を読みます。準備時間が30秒あり問題に対する意見を60秒で答えます。

意見を言う間、画面に問題が表示されています。また、問題の英文も短く難しいものではありません。思いついたあなたの意見を英語で表現します。例えば、以下のような問題です。

Charge plastic shopping bags at supermarkets, convenience stores drugstores and department stores. What is your opinion about this idea?

スーパーマーケット、コンビニ、ドラックストア、デパートで買い物袋に代金を請求する。この考えについて、あなたはどう思いますか?

英語のテストですから、解答は社会的に正解でなくても問題ありません。思いついた考えの理由を裏付けとして60秒間で述べればいいです。以下は解答例です。

I totally agree with this idea. Because we may be able to reduce plastic garbage. The plastic garbage is a harmful substance that causes contamination. The sea pollution with plastic garbage is global problem these days. It also is harmful for sea lives. They have been reported to die from eating plastic. I think you should ban the use of plastic bags when shopping.

私は、完全にこの考えに同意します。プラスチックゴミを減らすことができるかも知れないからです。プラスチックゴミは汚染を引き起こす有害物質です。プラスチックゴミによる海洋汚染は、最近の世界的な問題です。また、海洋生物にとっても有害です。海洋生物がプラスチックを食べて死んでいることが報告されています。私は、買い物ではプラスチックバックを使うことを禁止すべきと思います。

この問題の対策としては、講師が提供するトピックについて自分の考えを英語で表現できるように練習しましょう。

また、あなたから興味のあるジャンルの話題を提供するのもいいです。例えば、日常の習慣や動作についての話題(英文日記、仕事、趣味)や身の回りの様々な話題(国内ニュース、文化習慣、天気)などです。

TOEICスピーキングテストで高得点をとるためには、実際に英語を話してスピーキング力を鍛えることが重要です。そのためには、オンライン英会話で問題形式に沿って英語を話す練習するのが最善の方法です。

また、オンライン英会話での練習と同時に、市販されている画像のような問題集を購入して練習するのもいいです。詳しい採点ポイントを教えてくれます。

就職や転職などビジネスシーンでの面接において、あなたの実践英語の能力を証明するために、TOECスピーキングテストに是非チャレンジしてみましょう。

まとめ

直前に迫った就職や転職の英語面接の対策として、オンライン英会話を活用して講師と面接のロールプレイをしましょう。直前に迫った英語面接においても、自信をもって落ち着いて対処できます。

大切なことは、応募する仕事に対するポジティブな姿勢と熱意です。英語が苦手であっても、簡潔な英語でゆっくり会話をすれば問題ありません。

社内面接の対策としては、面接の課題を想定し講師と話してみましょう。会話においては、常に丁寧な英語表現を使い、ポジティブな考えを示すようにしましょう。

また、同時にオンライン英会話を利用してTOEICスピーキングテストにチャレンジしてみましょう。TOEICテストの高得点は、面接において実践的な英語能力をアピールすることができます。

このように、オンライン英会話を活用して面接対策を講じることで、あなたのビジネスシーンでの英語面接は必ず成功に導かれます。