オンライン英会話の受講者は、パソコンやスマートフォンが使える環境であれば、講師とのマンツーマンのレッスンを通してスピーキング力を鍛えることができます。

そのときレッスンの方法については、オンライン英会話のテキストに沿って学習する方法と、テキストを使用しないで自由な話題で学習するフリートーク(Free Conversation)があります。

テキストを使用する場合、あなたはオンライン英会話が提供している多くのテキストの中から好みのテキストを自由に選択することができます。このような自由度の高さはオンライン英会話の魅力といえます。

ただ、オンライン英会話のレッスンを初めて受ける人は、数多くのテキストから学習に適切なテキストをどのように選んでよいか悩んでしまいます。

そこで、オンライン英会話が提供しているテキストの種類と特徴、適切なテキストの選び方や効果的な使い方について解説していきます。

オンライン英会話の充実したテキスト(無料教材)の特徴

各オンライン英会話は、スクールによって違いがありますが、受講者のニーズに合わせて様々なスクール独自のオリジナルテキストや市販のテキストを無料で提供しています。例えば、DMM英会話は以下のような7,000以上の豊富な数のテキストを用意しています。

まず、オンライン英会話が提供している主なオジジナルテキストの種類と特徴、そのテキストを使用することで鍛えられるスキルを理解しましょう。

日常英会話(実用英会話)

日常英会話は、各オンライン英会話スクールの基本となるテキストです。レッスン毎に学習する目標が決まっているため、初めてオンライン英会話を受ける人にとって、一番取り組みやすいテキストです。例えば、以下の画像はDMMオンライン英会話が提供している初級者向けの「日常英会話コース」です。

日常英会話コースには、初級者から上級者用までのテキストが用意されています。レッスンでは、単語の発音や講師の後からフレーズを読むことで、英語のリズム、発音やアクセントなどの英語感覚が身に付きます。また、後からテキストの文中にある質問に答えることでスピーキング力が鍛えられます。

このように、日常英会話コースをコツコツ継続することにより英会話スキルが向上していき、レッスンは中級から上級へ段階的に進んでいきます。

ニュース記事教材

オンライン英会話のニュース記事は、多くのスクールにおいて中級者~上級者用としていますが、初級者であっても、英会話の幅を拡げるためにニュース記事にチャレンジするといいです。

特に内容を知っているニュース記事や興味を引きそうな記事であれば、初級者でも理解しやすいので受講してみましょう。また、ニュース記事の内容もレッスン前にチェックすることができます。事前に予習しておけば、記事の理解もさらにやさしくなります。

例えば、デイリーニュース(Daily News)のテキストには、世界各地の政治経済、スポーツ、文化芸能など、バラエティーに富んだニュース記事を載せています。その中から、あなたの興味を引く記事を見つけることができるでしょう。(以下の画像)

私もDMM英会話で、ジンバブエ人の講師とデイリーニュースの記事でレッスンを受けてみました。(以下の画像)

私が受講したレッスンのニュース記事は、健康の研究に関する内容でした。(以下の画像)

レッスンの進み方は、まず、記事にある語彙の確認と記事のリーディングから始まり、続いて記事内容について文中にある質問に答える、そして最後のパートで、講師と記事についてディスカッションをします。

中級者用(Intermediate)の記事としていますが、ディスカッションは、以下のように日本語に訳されているため初級者でも理解できる内容です。

ディスカッションには課題が5つありましたが、そのうちの最初の課題(上記 1)について、講師と以下のような会話をしました。

Learner: Yes, I do. My favorite kind of tea is Green tea. I drink green tea every day. I think most Japanese drink Green tea every day.

私: はい、そうですね。私の好きな種類のお茶は緑茶です。私は毎日緑茶を飲みます。ほとんどの日本人は毎日緑茶を飲むと思いますよ。


Tutor: I drink Rooibos tea or Ceylon tea. People of South Africa and Zimbabwe usually drink Rooibos tea. It does not contain caffeine.

講師: 私はロイボス茶かセイロン茶を飲みます。南アフリカとジンバブエの人は、普段はロイボス茶を飲みます。それにはカフェインが含まれていません。

上記の会話は、中学生程度の語彙と文法の知識があれば誰でも理解できると思います。しかし、私は会話になると即座に英語で表現することができませんでした。それは、会話をする機会が圧倒的に少なかったからです。

しかし、このように講師と会話を何度も繰り返していけば、英会話スキルは確実に向上していきます。また、スピーキング力が鍛えられるだけでなく、ニュース記事に関連した語彙力も強化することができます。

また、私はニュース記事のレッスンでは、講師とのディスカッションのパートが一番楽しくスピーキング力がアップすると感じています。自分が会話で使える語彙とフレーズで、何とか英語で表現しようとします。そのとき、講師とのディスカッションに集中できるからです。

さらに、色々な話題について情報や知識が増えるため、ビジネスの場で外国人と雑談をするとき話題を提供でき、円滑なコミュニケーションが可能になります。

ビジネス英会話

ビジネス英会話は、ビジネス環境における様々なシチュエーションを想定し、ビジネスの場にふさわしい英語の使い方や言い廻しを習得し、あなたのビジネスを成功に導く英会話スキルを鍛えるものです。

例えば、以下の画像ような一般的なビジネスシーンを想定し、講師と実践的な会話練習をします。

日常英会話と違うポイントは、ビジネスの場では丁寧な言い回しをすること多く、例えば、カジュアルでは「Can you tell me~(私に~を教えてくれませんか?」と言いますが、フォーマルでは「Could you tell me~(私に~を教えて頂けませんか?」と言います。

ビジネスで英会話が必要な人は、ビジネス英会話にもチャレンジしてみましょう。

海外旅行用テキスト

海外旅行用のテキストも、ほとんどのオンライン英会話スクールで用意しています。レッスンは、海外旅行での様々なシチュエーション(機中、空港、ホテル、レストラン、交通機関、観光案内所など)を想定して講師とロールプレイをして、海外旅行に必要な語彙やフレーズを習得します。

例えば機中での会話の想定であれば、以下の画像のように講師がフライトアテンダントになり、あなたが客としてロールプレイをします。

海外で英語を使いスムーズに外国人と会話ができれば、家族の海外旅行においても、子供たちから「お父さん(お母さん)すごい!」と、頼りにされる存在になれるでしょう。

その他のオリジナルテキスト

以上の4種類のオリジナルテキストは、オンライン英会話で使用されている代表的なテキストです。また、各オンライン英会話は、他にもスクールが独自に開発したオリジナルテキストを用意しています。

  • 文法テキスト

例えば、多くのオンライン英会話は入門から高校卒業レベル程度までの文法を学習できるオジジナルテキストを用意しています。

ただ、私はオンライン英会話のレッスン時間は、文法の学習にレッスン時間を費やすより、できるだけ講師と会話をするように心がけた方がよいと考えます。

文法のルールとそれにふさわしい単語を意識して英会話のトレーニングをすることは大切です。しかし、オンライン英会話は、あくまでも英会話を鍛えるツールです。文法の学習は、オンライン英会話でなくても教科書でも学ぶことができます。

文法を理屈ではなく会話の中で使いこなすように意識してください。文法は講師との実践的な会話を通して学ぶようにしましょう。

  • 発音

日常英会話コースを学習していても発音が間違っていれば講師から直されます。このテキストは発音の練習に特化し、ネイティブに通じる発音を目標に発音を改善するためのテキストです。

  • 語彙力強化

語彙力を強化し拡げるために、句動詞やイディオムの使い方を学習します。

  • 世界の文学

有名な本、劇、ショートストーリーなどを英語で読み、表現力の幅を拡げます。

  • TOEICスピーキングテスト

TOEICスピーキングテストの出題形式を把握できます。また、日常生活や職場での英会話力を磨くのにも役立ちます。

  • 英検

英検のリーディング、リスキング、スピーキング対策のテキストです。本番に向けて英検の演習問題に取り組みます。

市販のテキスト

さらに、オンライン英会話によっては、オリジナルテキストの他に市販されているテキストも利用が可能です。例えば、DMM英会話では以下の市販テキストを用意しています。

「LET’S GO」はオックスフォード大学出版による子供むけのテキストです。初心者のための入門コースから中級者のコースまであります。

初心者がゲームや歌その他のアクティビティを通して、よく使われる英単語や基本的な文型を学習します。また中級者は、より複雑な文型を学習することもできます。大人でも「楽しく遊びながら英会話を学習しよう」というコンセプトのテキストです。

他にも、オックスフォード大学出版の、スピーキング力アップのための「Speak NOW」や海外旅行の英会話のため「PASSPORT」などの市販テキストも利用できます。(以下の画像)

以上のように、オンライン英会話のオリジナルテキストから市販のテキストまで多くのテキストを自由に利用できます。

学習の目的とレベルに合った教材の選び方と効果的な使い方

これらのテキストを自発的に上手く使いこなすことができればいいのですが、オンライン英会話を初めて受ける人は、テキストの数が多すぎてどのテキストが自分にとって適切なのか迷ってしまうかも知れません。

そこで、英会話学習の目的と英会話レベルに合ったテキストの具体的な選び方と、効果的な使い方について解説していきます。

オンライン英会話の初心者は「日常英会話テキスト」がおすすめ

オンライン英会話の初心者は、まず日常英会話コースのレッスンから始めるのがいいです。日常英会話は、あなたの英会話学習の目的にかかわらず汎用性が高く、英語を使うときの色々な場面で応用ができるからです。

例えば、あなたの英会話学習の目的が「ビジネス英語の習得」であっても、日常英会話コースでのトレーニングが、ビジネスの場において外国人と雑談のときに大変役にたちます。

ただ、テキストに作成された文章に沿って学習するとワンパターンのレッスンの傾向になりやすく、レッスンに面白みを感じなくなるかも知れません。

そうしたときは、時々テキストから離れて講師と実践的なフリートークをするなど、レッスンを工夫しながら学習へのモチベーションを高めていきましょう。また、ニュース記事にもチェレンジして英会話の幅を拡げていきましょう。

ビジネス英語や海外旅行コースのレッスンも日常英語コースと併用して受けてもいいですが、オンライン英会話スクールによっては、ビジネス英語コースは別料金に設定されているので注意しましょう。

英会話レベルに合ったテキストの3通りの選び方

次に、英会話レベルに合った具体的なテキストの選び方ですが、それぞれの英会話のテキストはレベル別に分かれていています。そこで、あなたの英会話レベルに合ったテキストの3通りの選択方法について解説していきます。

  • テキストの内容をチェックする

まず、レベル別に分かれたテキストの内容をチェックしてみましょう。あなたにとって、テキストの内容がやさしすぎるときは効率のよい学習ができません。また、難しすぎるときはレッスンの理解度が難しくなります。

テキストの内容をチェックしたとき、「この程度の英語なら大丈夫かも?」と思ったら、取りあえずそのテキストから始めてみましょう。 もし、やさしすぎたり難しすぎたりしたと感じたときは、テキストを変えるなど調整すればいいです。

  • 英語資格テストのスコアで選ぶ

もしあなたが英語資格テストのスコアがあれば、オンライン英会話によっては、資格テストのスコアを比べて適切なテキストを選ぶことを提案しています。

以下はDMM英会話の画像ですが、テキストはレベル1~10まで分かれています。例えば、あなたのTOEICの点数が(535~655)または英検2級であれば、「日常会話の6(Intermediate)」を選びます。

  • 英会話レベルの数値を知る

オンライン英会話レアジョブ、DMM英会話、ネイティブキャンプでは無料のスピーキングテストを実施しています。

例えば、レアジョブでは無料体験レッスンにおいて、講師があなたの英語レベルを以下の画像のようにチェックしてくれます。

例えば、あなたが日常英会話(実用英会話)選んだとします。英会話レベルが3であれば、まず、あなたは実用英会話レベル3(以下の画像)のテキストからレッスンを始めてみるといいです。

学習カリキュラムを利用してテキストを効果的に使う

また、オンライン英会話によっては、学習の道筋をつけるために、学習カリキュラムを用意しています。受講者が実用会話の学習カリキュラムを設定すると、講師は受講者の進捗を確認しながらレッスンを進めてくれます。

例えば、以下はレアジョブでの学習カリキュラムになります。

カリキュラムを設定することにより、受講者も達成に向けた学習内容を確認でき、また日々の進捗状況を管理することができます。以下のように、該当のテキストを完了したことを確認できます。(以下の画像)

対象のテキスト終了すると、次のレベルのテキストに学習を進めます。こうして、少しづつ進んでいくにつれて、あなたの英会話スキルは向上していきます。

また、カリキュラムは自由に変更ができます。例えば、こうしてあなたの英会話レベルに合った適切なテキストを効果的に使用することができます。

あなたの学習スタイルによりますが、このようなカリキュラムも積極的に活用してみましょう。さらに、上位のレベルへ進んでいったとき、スピーキングテストを受けて上達の伸びを実感するのもいいです。

事前にテキストの内容を確認してレッスンの予習をする

また、オンライン英会話でテキストを利用する利点の一つは、テキストの学習内容をレッスンの前に確認できることです。例えば、会社勤務で忙しいビジネスパーソンであっても、通勤電車の中でスマートフォンでとレッスンの内容を確認できます。

すきま時間を利用しレッスン前にテキストに目を通して、テキストの英単語や英語フレーズ、また質問したい箇所を調べておきましょう。

事前にレッスンの準備をすることで、レッスンの内容を把握できるためスムーズに会話ができるようになります。英語フレーズが記憶に残るだけでなく、あなたから発言する機会も多くなり自然にスピーキング力がついてきます。

レッスン後の復習も大切

なおレッスンが終了したら、レッスン中に覚えたことを頭の中に定着させるために復習しましょう。レッスン終了後には、講師からレッスンについてのコメント(フィードバック)がありますのでチェックしてください。

このレッスンレポートにおいて、講師は以下をコメントしています。

  • Lesson Goal Achievement(目標達成スコア) : 3/4 (Good/ Very Good)
  • Range(表現の幅 )あなた: My wife cook. 正解: My wife cooks.
  • Accuracy(正確さ): 訂正なし
  • Fluency(流暢さ): 訂正なし

このように、テキストを効果的に使いながら「予習-レッスン-復習」を繰り返していく地道な努力が英会話の上達には必要です。

相性のよい講師を選ぶ

ただテキストに沿って英会話学習をするとき、あなたと相性のよい講師を選びましょう。

例えば、講師と会話をしたとき、講師があなたの学習の目的と英語レベルを理解し、熱心に教えてくれると感じることができればその講師を固定しレッスンを続ければいいです。

固定していれば講師はあなたの英会話学習の課題、例えば「語彙の不足」や「リスニング不足」などを適格に把握できます。また、あなたの英会話上達の成長過程をチェックすることができ、効果的なアドバイスが可能になります。

さらに、あなたにとっても講師と親密になり相互理解が深まるため、英会話について何でも相談しやすくなります。ただ、講師を一人だけに固定してしまうと、人気講師の予約をとれないリスクがあります。そこで、2~3人の講師を選択していた方がよいでしょう。

講師の選び方については、私の別の記事「オンライン英会話で学習効果を最大にする講師の選び方」に詳しく解説していますので参考にしてください。

まとめ

オンライン英会話は、バラエティーに富んだテキストを無料で提供しています。テキストの特徴から鍛えられる英会話のスキルを理解しましょう。

オンライン英会話を初めて受ける人は、汎用性の高い「日常英会話コース」から受けるといいです。また、講師とのフリートーやニュース記事にチャレンジして、語彙力を強化し幅広い英会話力を鍛えましょう。そこで重要なことは、あなたの英語レベルに合った適切なテキストを選ぶことです。

また、オンライン英会話によっては、受講者に英会話学習の道筋をつけるために学習カリキュラムを用意しています。あなたの学習スタイルに合わせて活用してみましょう。

テキストを効果的に活用ためには、テキストの予習や復習も欠かせません。レッスンで覚えたことを記憶に定着させるといいです。さらに、あなたと相性の合う講師から、英会話学習の適切なアドバイスをもらい英会話上達の成長過程をチェックしてもらいましょう。

このようにして、適切なテキストを選択し効果的に使うことができれば、あなたのスピーキング力は確実に向上していきます。